JRCも参画しているAC2020から「マスギャザリング医療対応ガイドブック」が公開

日本蘇生協議会も一員として参加している、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催中の救急災害医療体制に係る学術連合体(AC2020)として、

マスギャザリング医療対応ガイドブック

が公開されました。本ガイドブックは、2016年の設立以来6年余にわたりAC2020構成団体がウェブサイトを通じて発信してきた、医師、看護師、ファーストレスポンダー、ボランティア、市民に向けた診療・救護・研修等に係る約60におよぶ提言や指針、手引き等を、AC2020合同委員会が編纂したものです。マスギャザリングイベントの医療体制構築などにお役立て下さい。


マスギャザリング医療対応ガイドブック ダウンロードページ

 

特集記事

TOP